フルグライド
省エネ・コストセーブ & プロテクション

エネルギー資源の有効活用に関わる懸念の増加は、コーティング材料における新技術の導入をもたらしました。 これは、発電所の冷却水システムや産業工程での下水、廃棄物処理などの分野で使用されるポンプシステムの性能を最大化することを目的としています。

コーティングのスペシャリストであるコロコートはこの分野の研究における先駆者でした。 フルグライドシステム(1985年に初めて導入された)は、今では文字通り世界中の何千ものポンプに応用され全てのケースで効率性において大幅な改良を達成しています。 その実績過程は、大手メーカー、公共事業、産業ユーザーによる評価を含む広範なテスト手順の対象となってきました。


photo

フルグライドシステムは、

①全体的な効率レベルの顕著な増加が実現するだけ
 でなく、
②効果的な腐蝕バリアを提供し、結節状の増殖と
表面腐食による脱落を早い段階で防止する、

という二つの面から利益を提供します。