HOME > 施工実績 > 目的別 > プラントプロテクション

プラントプロテクション実績一覧

屋外設備コンクリート部の塩害対策

■塩害により屋外循環水配管サポートコンクリート部(鉄部含む)の劣化対策案件 ■コストパフォーマンスと長期保護が可能な対策として採用に至る。 ■鉄部の塩害対策も併せて施工される。 ■今回の施工は全て材料支給による発電所構内業者により施工されました。

詳細を見る

高温塩素ガス配管の長寿命化

■本ユーザーでの高温環境における機器類のコーティング施工実績への評価より採用。 ■本配管の環境温度は200℃、さらに塩素ガス雰囲気のため耐熱性と耐薬品性に優れたコーティング材が要求される。 ■コロセンXTの特徴 ・製品仕様としては液中環境160℃、大気中環境260℃の耐熱性を持つ。 ・フルpH(pH0~14)での使用が可能。 ・高温・高腐蝕環境での対策として数多くの採用実績あり。

詳細を見る

最高230℃ 汚泥燃焼排ガスラインの腐食対策

■耐食用特殊素材の採用も、腐食進行による減肉や破孔が発生。 ■漏れた硫化物を含むドレンによるプラント全域への腐食進行。

詳細を見る

排水機場 雨水ポンプ吐出管の長寿命化

■過去他社で補修経歴のある配管。 ■プラント稼働中での破孔発生の経緯もあり、信頼性を重要視。 ■他社での補修(ケレン処理後エポキシパテによる補修)では、腐食進行・破孔再発の懸念もあり、信頼性のある施工業者を要望される。 ■信頼性の根拠 ・厳しい下地処理基準 ・優れたコーティング性能と補修技術 ・破孔・欠損・減肉部の修理再生技術

詳細を見る

ニッケル精錬湿式設備のパイロットプラント耐食施工

■pH0~14の範囲で使用可能。 ■液中110℃、気中185℃までをカバー。 ■コーティング完成まで一括での施工。 ■スプレー施工による短期間での施工が可能。 ■大型タンクで懸念される膨張収縮やたわみに対しても、コーティングの伸び率や薄膜施工により十分な追随性を持つ。 ■タンクコーナー部や溶接部への補強施工を標準化。 ・グラスファイバーラミネート処理により施工 ■ノズル接続部フランジ面への施工にも対応

詳細を見る