錆転換・錆抑制型コーティング

最小限の下地処理で高い防錆力を発揮

錆転換・錆抑制コーティング材
プラズメットZF

下地処理は、金属面の浮き錆と油分を除去するだけの最小限の処理でコーティングすることができ、高性能ガラスフレークによる耐食性向上とトップコート施工で、高腐食環境下での鋼構造物のプロテクションを短時間・低コストで実現。長期に渡る保護や美観維持を実現します。

  • 成分中の錆転換剤の働きで錆を中和安定化し錆の進行を阻止。
  • ブラスト処理ができない場所やブラスト処理が高価になる場合に有効。

化学会社 プラント屋内鋼構造物・設備類の長期防食および美化プロジェクト

美観化はもとより塗替えサイクルの長期延長を実現 ※写真は「反応釜」

施工(前)
施工(後)

〔条件〕建屋内設備の為、本格的な下地処理は不可
〔要望〕短期間での施工と長期間の錆抑制・美観維持
〔使用コーティング材〕プラズメットZF・ZX

電力会社 屋外配管塩害対策

施工(前)
施工前
施工(後)1年経過
施工後1年経過

下地処理はケレン3種のみ
使用コーティング材:プラズメットZF・ZX

ワンポイント

一度採用されるとリピート率の高いコーティング材。その理由は明確で、使い勝手が非常に良く、耐薬品性に優れるところです。コロコート社ではこのコーティング材の材料販売にも対応しており、コーティングの持つ特徴が安心して使用される大きな要因です。