ポンプモニタリング
ポンプモニタリング

当社の診断および監視サービスを通じての厳密な分析はとても重要で、長期的なコスト削減を支援します。

熱理学的方式のポンプモニタリングは、下記の効果をもたらします。

◇ポンプの検出
◇効率変化の計測による、ポンプの整備・更新の経済的検出
◇ポンプ整備の最適タイミングの保証
◇最高効率ポンプ形態の検証
◇流量・圧力・電力・効率といった詳細運転データの提供

最も一般的な流量減少の原因は、インペラとケーシング間の漏洩経路の磨耗と、 これらの商品の接液表面の腐蝕・肌荒れによるものでこれらはモニタリングで検証できる。

●新しいポンプでも、長年稼動の劣化ポンプでも、TPMモニタリングシステムで随時または連続モニタリングするならば、改修や更新、運転モード改善への有益な経済性診断データが得られます。

●INSTALLATION IS SIMPLE
ほとんどのポンプに、プラント稼動を停止させることなく、メーターのセンサーをフィットアップ (既存タップに挿入)できます。

●高精度センサーは、ポンプ吸込および吐出の配管既設タップ(管代)に装着するだけです。 タップ座はポンプの出入口フランジ口径の2倍以上のところが最良です。

●TMPモニタリングシステムのセンサー装着には1/2B(15A)サイズの二ヶの弁を用意するだけです。 センサーは弁や異径ニップルへのねじ込みTピース形で、一方に圧力変換器を他方に高精度温度グループを ねじ込む独創的コンパクトヘッドです。

振動診断

実用的な診断と寿命の予測について:

ポータブルMDRは回転機器の加速度と速度、変位を測定することができます。私たちの診断サービスでメンテナンスや電力コストを大幅に削減いたします。

利点について:
●リモート監視

  安全性と回転機械の安全な操作が確保されます。
  定期的なメンテナンスは不要です

●欠陥の進行状況と寿命予測:

  メンテナンス時期の最適化されます。
  欠陥の原因を決定することが可能となります。
  エネルギー損失が減少します。