HOME > 産業界が抱えるコロージョン(腐⾷)問題

産業界が抱えるコロージョン(腐⾷)問題

機械設備のコロージョン(腐⾷)が企業にもたらす「コストロス」
⻑年、産業界で問題視されているコロージョン問題に対する企業の膨⼤な経費⽀出がどれ程なのかご存じでしょうか?

産業界の腐⾷問題の実状(1)
産業界の腐⾷問題の実状(2)
産業界の腐⾷問題の実状(3)

2000年移⾏に⼊り産業界の設備の⽼朽化による膨⼤な⽀出とリスクが問題視され続けており、近年のコロージョン(産業界の腐⾷)問題の実状として、以下のようなこと取り上げられています。

コロージョン問題の実状

  • コロージョンコストはGNPの1.8%〜3.4%に。
  • 2015年調査によると腐⾷コスト総額は4兆3000億円にもおよぶ。
  • 設備の⽼朽化がコロージョントラブルを⽣み、プラント停⽌等、多⼤なコストロスを発⽣させる。
  • 腐⾷は⼈的被害のリスクを増幅する。
  • 腐⾷対策で「安⼼」と「信頼」と「コストパフォーマンス」が揃った決定的なサービスがない。
  • 耐⾷⽤素材の設計変更、となるとプラント停⽌・導⼊コスト⾼など問題が⼭積みで⼿が出せない。
  • 機器・設備の腐⾷対策やメンテナンス等のない⻑期使⽤は腐⾷による損傷部品のメーカーからの供給も困難になり、プラント停⽌のリスクを⾼める。
  • コロージョン進⾏によりカウントダウンに⼊りつつあるプラント更新、もしくはプラント停⽌に”待った”をかける有効な具体策がない。
コロコートの特殊技術が持つ適切なコロージョン対策(1)
コロコートの特殊技術が持つ適切なコロージョン対策(2)
コロコートの特殊技術が持つ適切なコロージョン対策(3)

コロコート社が提供するのは「安⼼と安全」
私たちの特殊技術が持つ適切なコロージョン対策は企業の社会的信頼を確⽴・維持することをお約束します。

腐⾷防⾷分野では、企業が負担する「腐⾷コスト」が問題視され続けた結果、⻑年にわたって設備機器を正常に運⽤する管理⼿法の導⼊による「ライフサイクルコスト低減」が注⽬されています。

私たちコロコート社は、これらの現実とそれにかかわる課題を有効な⼿段で解決できる技術と⼿段と経験値を持ち合わせています。